zimathon blog

宿泊事業部システム開発部でエンジニアリーダーやってます。楽しくやってます。

仮説と事実を混同してほしくない

それぞれの定義(Wikipediaから引用)

  • 思いつき
    • 急にひらめいたこと、ふと心に浮かんだこと
  • 仮説
    • 真偽はともかくとして、何らかの現象や法則性を説明するのに役立つ命題
  • 事実
    • 現象として観測された事柄

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/

思いつきで物事を説明する人は最低だと思います。 (自分たまにそういう時あるけどね、、、反省してます。)

でも、思いつきでしゃべっている人はまだかわいいもんです。 だって、今思いつきなんだけどとか言ってくれるから。

僕が困る人

僕が困る(嫌い)なのは、仮説を事実と混同して話す人たちです。

Aがあって、Bがあって、Cがあって、、、 ということはDになるはずだ! と結論が導かれているようです。

「裏を取ったんですか?」と聞くと、 「AとBとCを確認することが裏を取ったというふうにも考えられるよね。」という答えが。 (裏取ってねwwwwww)

仮説はどこまでいっても仮説です。 事実にするには実際の現象を確認する必要があります。

いくら状況証拠を集めても、それは仮説である ということをわかってほしいです。

じゃないと話が噛み合わないし、もうこの人と議論しようと思わなくなる。

以上でした。